KERN-MACRO-SWITAR 50mm F1.8 AR

Kern Aarau KERN-MACRO-SWITAR 1:1,8/50 AR (中期型-I)

マウント:ALPA
焦点距離:50mm
開放F値:1.8
絞り羽根:9枚
レンズ構成:5群7枚
最短撮影距離:0.28m
フィルター径:専用Bタイプ(48mm)
質量:282.0g (実測値)

IMGP5345._1024.jpg

スイス製の一眼レフカメラAlpaはピニオン社という時計の歯車を作る精密部品メーカーが作っていたカメラです。ピニオン社はカメラだけを作ってレンズは全て他メーカーからの供給を受けていました。Alpaカメラにはある種のこだわりがあったようで,なぜかレンズの王様Carl Zeissのレンズは一本もラインナップされていませんでした。そのかわり,と言ってはナンですが,一癖も二癖もあるマニアックなレンズが並んでいます。詳細は,こちらに詳しいのでどのようなレンズがあったかはリンク先を参照してください。

Alpaカメラはとても高価だったため,当然,製造数も少なく(1944年から1989年の45年間に42,000台しか作られなかった),その結果,自動的にレンズの製造数も少ない,というレアモノの条件をカメラ,レンズともに十分過ぎるほど満足しています。カメラは複雑で壊れやすかったようで,とても私のような貧乏人が手を出すようなものではありません。しかし,レンズはとても魅力的です。Alpaカメラは一眼レフではフランジバックが最も短い部類に属していたため,Alpa用レンズはマウントアダプタ経由ではいかなる一眼レフカメラにもつけることができませんでした。とてもマニアな人がLeica Mにつけて使っていたようです。かつて,青山にあったレチナハウスというマニアックなカメラ店が製作したAlpaからLeica Mへのマウントアダプタが作られたことがあって,50mmレンズに限って距離計も連動したようです。この件についてはこちらに詳しい話が書かれています。

初期のAlpaカメラは一眼レフですが距離計にも連動するレンジファインダーも付いていて一部の標準レンズは距離計連動していたため,レンズも距離計に連動できるようになっていました。よって,理論上はLeicaの距離計にも連動可能なアダプタを作ることはできた,ということだと思います。

最近,Kiponやノーブランドで出回っているAlpa - Leica M用マウントアダプタはこのレチナハウスのアダプタを模倣して作られているようで,標準レンズは距離計に連動することになっています。しかし,その精度はまったく使い物にならないレベルであるばかりか,距離計連動用のカムのバネのバランスがとても悪く,レンズ側のヘリコイドを回そうとすると摩擦抵抗が大きすぎてピント合わせが困難,という実に本末転倒な代物です。距離計連動が使い物にならないばかりか,レンズに無用の負担をかけるうえにピント合わせもできない,というどうにも使えないものです。特定の個体の不具合かと思っていくつか購入しましたが,そもそもの設計がダメダメですし,おそらく,特定のメーカーのOEMと思われ,いずれも同じ設計で造作も同程度でした。

話がそれましたが,Alpa用レンズは兎に角,数が少ないうえ変わったメーカーのレンズがラインナップされているため,非常に限られたマニアの間ではたいへん評価が高いようです。ただ,それもミラーレス一眼カメラが一般的になって,フランジバックが極端に短いAlpa用レンズがようやく陽の目をみることになったからだと思います。ミラーレス一眼が出る前はAlpa用レンズはレアであるにもかかわらずそれほど高い価格で取引されていたわけではないようです。フィルム時代のAlpaの中古の扱いについては,とても含蓄の深い戯言のページ(失礼!)に詳しく書かれています。

Kern Aarauはシネレンズのメーカーでスチル用のレンズはAlpaに供給した標準レンズのみです。Macro Switarはアポクロマートで1/3倍まで寄れる明るいマクロレンズとして当時の時代の先端をいくレンズでした。大きく分けて3つのバージョンがあって,マクロじゃないSwitar F1.8 (自動絞りのつかない初期型,自動絞りがついた前期型) , 最短撮影距離が短くなったMacro Switar F1.8 (中期型-I), そして,なぜか開放F値が暗くなったMacro Switar F1.9 (後期型)です。これ以外に,F1.8のMacro SwitarにはF1.9と同じ5群8枚のモデル(中期型-II, マクロじゃないSwitarとその後のMacro Switarは5群7枚構成)があるようです。このあたりのレンズ構成に関する考察はこちらのページに詳しく載っています。

Alpaのカメラとレンズは高価だったために,たいていのレンズの製造数が極端に少なく2桁とか3桁数しか製造されていないレンズがザラにあります。そのなかにあってMacro Switarはカメラの標準レンズとして,というかAlpaカメラを買った人は1本はレンズが必要で,そのなかの多くの人が標準レンズとしてMacro Switar購入した,と想像されます。無茶苦茶高価なレンズであるにもかかわらずかなり多くの人が購入したようで,Alpaカメラを買うような人はあまりお金の細かいことは気にしないのかもしれません。そのため,Alpaマウントレンズとしてはかなり数がでており,中期型のMacro Switarは10,329本も(?)製造されたようです(アルパブックによる)。他にもSchneiderやOld Delft, P. Angénieuxなども標準レンズを供給していましたがそれほど多くの数が出た,というわけではないようです。しかし,それにもかかわらず,Macro Switarの現在の相場はとても高価です。

このレンズを入手したのはだいぶ前ですが(といってもせいぜい2年くらい前),そのときでも十分に高価でした。しかし,最近は私が入手した金額の2倍近い値段が平気でついていたりしてなんだか相場が上昇傾向にあるように思います。ヤフオクに出ていたジャンク扱いという個体を目を瞑って落札し,本体を見るのも恐ろしくて某マエストロにそのままオーバーホールをお願いしました。少しバルサム切れがあって,製品寿命ギリギリ勝負みたいな個体でしたが,マエストロの力で蘇って普通に気持ちよく使えるレンズになりました。
IMGP5337_1024.jpg
IMGP5342_1024.jpg
IMGP5338_1024.jpg

モノクロで撮るために,Leica M Monochrom (Typ 246)につけてみました。Alpaカメラ用のシャッターボタンが出っ張っているので見た目はイマイチです。まぁ,出てきた画が重要なので,見た目についてはとやかく言うところではないのですが。
IMGP5394_1024.jpg

このレンズによる作例をこちらにおいています。よろしかったらご覧ください。

HEXANON AR 50mm F1.7

KONICA HEXANON AR 50mm F1.7 (後期型)
マウント:AR
焦点距離:50mm
開放F値:1.7
絞り羽根:6枚
レンズ構成:5群6枚
最短撮影距離:0.55m
フィルター径:55mm
質量:205.76g (実測値)

IMG_7800.JPG

1973年に発売されたAUTOREFLEX T3のセットレンズとして初期型が登場しています。当初は絞り環にEEと刻印された前期型,その後,両優先に対応したAEが刻印された中期型,小型軽量化がはかられて最短撮影距離が10cm伸びて55cmになった後期型の3つのバリエーションがあるようです。この個体は後期型です。中期型に比べて35g前後軽くなっています。最短撮影距離を犠牲にして35gの軽量化って,バーターとして妥当だったんだろうか,などと余計なことを考えてしまいます。イマドキの大きく重いレンズを見慣れていると,35gスリム化するよりも最短撮影距離が45cmのほうがよかったんじゃないか,と思ってしまいます。

それと,F1.8じゃなくてF1.7という微妙に半端な開放F値がいろいろな意味で日本的です。

同時に上位機種としてHEXANON 50mm F1.4もリリースされています。F1.4のレンズは撮っていていまいちピントこなかったのですが後からゆっくり見直してみると優しい感じで写っていました。F1.7のレンズはその廉価版ということで写りにも共通するものがあるようにも思えます。普通にまっとうな画を望むならF1.4のレンズでも開放で撮ることはあまりなくて少し絞ることになります。それなら開放で普通に写る中口径のレンズでも十分,ということはありがちです。もちろん,F1.4でなくては撮れない画は撮れないのでどうしようもないのですが。

このレンズについては,いつもお世話になっているこちらや,超マニアなこちらに詳しい説明があるので,今更あれこれ言うことはあまりありません。なんというかよく言えば「普通さ」の王道をいく,悪く言えば何の特徴もないレンズ,ということになるでしょうか。小さくて軽いし持って歩くことが苦痛ではなく,普通に写るレンズです。セットレンズとして,まさしく王道をいってます。これだけ,って感じです。

この個体は昨年の新宿クラシックカメラ博のジャンク棚から1000円で救出したものです。埃や傷やカビはそれなりですが,特にどうしようもない,というものでもなくて1000円分の仕事(ってどんな仕事?)は十分に働けそうに思います。

IMG_7803.JPG
IMG_7804.JPG
IMG_7809.JPG

このレンズによる作例をこちらにおいています。よろしかったらご覧ください。

darktableとxmpファイル(サイドカーファイル)

darktableではrawデータには変更を加えることなく,その処理のプロセスを~/.config/darktable/以下にデータベースとして格納するとともにrawファイルと同じディレクトリにxmpという拡張子をもつXMLファイル(サイドカーファイルと呼ぶらしい)を出力します。同じ情報が別のファイルに分散して書き込まれるのは冗長に思われますが,現象の過程を他の人や他のPC上のdarktableと共有する,といった目的にはサイドカーが有効です。rawファイルにdarktableから一度でもアクセスすればxmpファイルは自動的に出力されます。

異なるPCから同じファイルを編集する可能性があるならば,サイドカーを優先的に読みこむように設定します。それには,以下の設定をします。
1. 画像が表示されている中央のペインの右上にある,「グローバルな設定を表示」を押して設定を表示。
2. 「内部オプション」タブを選択
3. 「起動時に更新されたxmpファイルを探します。」にチェックを入れる
4. 「閉じる」を押して終了
これで起動時により新しいサイドカーがあればそちらを読み込むようになります。

実際には,起動して新しいxmpファイルがあればそれをリストアップした小ウィンドウが表示されて,読み込みたいかどうか確認されます。読み込みをしたいxmpファイルにチェックを入れて左下の読み込みボタンを押すと新しいxmpファイルの内容が読み込まれてその設定が反映される,という動作をします。

オールドレンズを使っていると当然ですが,絞りやレンズの情報がexifに記録されません。そのため,rawファイルの段階で絞りやレンズの情報を書き込んでおいて,それをjpegにエクスポートするときにあわせて書き出すようにできると便利です。ところが,darktableではexifのデータの編集機能は基本的にはありません。メタデータの追加をしたりGPS情報を追加したりすることはできるのですが,例えばF値を編集する,ということはできないのです。

これは仕様だからしょうがないとしてもちょっと不便で困ってしまいました。そこで目をつけたのがサイドカーで,このヘッダ部分にはexif情報をメタデータとして記入することができます。なので,xmpファイルを編集して無理やり必要な情報を追加すればよい,と考えました。となると,xmpファイルの仕様を知らなくてはなりません。それほど情報が多いわけではありませんが,調べてみるといくつかでてきました。基本的な仕様はXMP SPECIFICATION PART 2 STANDARD SCHEMASというドキュメントがありました。なんでpart 2なのかよくわからないのですが,とりあえずstandard schemasとタイトルにあるとおり基本的なスキーマについて記載されています。この文書の3章にSpecialized Schemasという章が設けられていてそのなかのEXIF schemasという節が知りたい情報です。

EXIFスキーマにはtiff, exif-specific, additional exifの3つのプロパティが定義されています。それぞれの名前空間を定義するhttpで始まるアドレスを引用することでtiff:..., exif:..., aux:....といった変数を定義することができます。これらの棲み分けがどういうふうになされているのかはイマイチわかりませんが,変数の定義に従って使い分けるしかないので気にしたら負けです。GPSの情報もexif:GPS...という変数で定義すればよさそうですので,位置情報が書き込まれていない画像ファイルに位置情報を付加したい場合は,xmpファイルのなかでこの変数を設定しておけばよさそうです。

ところが,この文書に記載されている変数だけではレンズの製造メーカー名やレンズのシリアル番号などを設定することができません。これにはだいぶ悩んだのですが,photo Media EditというソフトのユーザーガイドのなかのXMPメタデータというところに変数の一覧が示されていて,EXIFスキーマにはExifEXというプロパティも定義されていることがわかりました。ExifEXのなかにレンズのシリアル番号などを定義する変数が含まれています。

というわけで,darktableで編集できないメタデータはxmpファイルに以下のような変数の値を追加すればよい,ということがわかりました(ここまで来るのにだいぶ時間がかかりました)。

1. F値の設定
F値は有理数で定義する,ということなので,F4ならば
exif:FNumber="40/10"
とでも定義しておけば良さそうです。

2. レンズの焦点距離
レンズの焦点距離に関する変数は,2つあって,一つは焦点距離そのもの,もう一つは35mm (フルサイズ)センサーに換算したときの画角に相当する焦点距離です。後者はフルサイズセンサーであれば焦点距離そのものを書いておけばよいのですが,APS-Cサイズのセンサーの場合は1.5 (または1.6)倍した数字を書いておきます。どういうわけか,焦点距離は有理数で,35mm換算版値は整数で設定するようです。50mmレンズをフルサイズセンサーで撮影した場合は,以下のように設定します。
exif:FocalLength="100/2"
exif:FocalLengthIn35mmFilm="50"

3. レンズ情報の設定
exifには冗長な情報がたくさんありますが,レンズの情報もそのようなスタイルであちこちの変数に冗長に書き込まれています。関係するのは以下の変数で,例えば東京光学のTopcor-S 5cm F2というレンズであれば以下のように書けばよさそうです。
exifEX:LensMake="Tokyo Kogaku"
exifEX:LensModel="Topcor-S 1:2 f=5cm"
exifEX:LensSerialNumber="220089"
aux:Lens="Tokyo Kogaku Topcor-S 1:2 f=5cm"
最後のaux:Lensというのはある意味何を書いておいてもよさそうですが,本来は最初の2つのexifEXから自動的に生成されるべきもののような気もします。ここでは手動で編集しているので手で書いちゃう感じですが。

あとは,名前空間を定義するurlを指定しておけばOKです。名前空間の定義はxmlnsです。これらを書くのはrdf:Descriptionというタグの中です。GPSの緯度経度は数字を伏せ字(xとy)に置き換えていますが,以下のような感じでdarktableが書き出したxmpファイルに足りない情報を追記します。

<rdf:Description rdf:about=""
xmlns:exif="http://ns.adobe.com/exif/1.0/"
xmlns:exifEX="http://cipa.jp/exif/1.0/"
xmlns:aux="http://ns.adobe.com/exif/1.0/aux/"
xmlns:xmp="http://ns.adobe.com/xap/1.0/"
xmlns:xmpMM="http://ns.adobe.com/xap/1.0/mm/"
xmlns:darktable="http://darktable.sf.net/"
exif:DateTimeOriginal="2020:08:09 09:27:30"
exif:GPSVersionID="2.2.0.0"
exif:GPSLongitude="139,xx.xxxxxxxE"
exif:GPSLatitude="35,yy.yyyyyyN"
exif:GPSAltitudeRef="1"
exif:GPSAltitude="877/10"
exif:FNumber="40/10"
exif:FocalLength="100/2"
exif:FocalLengthIn35mmFilm="50"
aux:Lens="Tokyo Kogaku Topcor-S 1:2 f=5cm"
exifEX:LensMake="Tokyo Kogaku"
exifEX:LensModel="Topcor-S 1:2 f=5cm"
exifEX:LensSerialNumber="220089"
xmp:Rating="0"
xmpMM:DerivedFrom="L1000277.DNG"
darktable:xmp_version="3"
darktable:raw_params="0"
darktable:auto_presets_applied="1"
darktable:history_end="6"
darktable:iop_order_version="5">

このようにしてxmpファイルを手動で編集したあと,改めてdarktableを起動して更新されたxmpファイルを読み込ませたのちに,現象した結果をjpegにエクスポートすればOKなはずなのですが,追記した情報がexifに反映されない,というワナにはまりました。

darktabledでjpegとしてエクスポートするにはライトテーブルの右側のペインの「選択画像をエクスポート」から行います。これを開くと一番下に「エクスポート」というボタンが現れますが,その右に歯車のマークがあってエクスポートする情報を設定をすることができます。右下の+ボタンを押すと大量にメタデータ名が表示されますが,そのなかから必要なものを追加します。今やりたいことは,レンズのF値と焦点距離,レンズ名情報を出力することですので以下のメタデータを追加します。

Exif.Photo.FocalLength
Exif.Photo.LensMake
Exif.Photo.LensModel
Exif.Photo.LensSerialNumber

なぜか,FocalLengthIn35mmFilmは設定しなくても勝手に出力するようです。よくわからん...。

エクスポートするときのjpegの品質は99%にするとカメラ(Leica M246)が出力するjpegファイルと同じくらいのサイズになりました。

これでなんとかやりたいことができるようになりました。もっとうまい方法があるのかもしれませんが,ずいぶんとはまりました。