samba 4.4

先日,自宅サーバーに使っているPCのFreeBSD 10.3Rのセキュリティアップデートをやって,pkg audit -Fとやったらsamba 3.6は危険だからダメよ,などと言われてしまいました。でも,気にせずupdateしなかったのですが,ふと,今日,sambaに接続しようとしたらMacOS XからもWindows 7からも接続できなくなっていました。

何か呪いがかかってしまったのでしょうか。

いや,いくらなんでも不便なので,復旧させねばなりません。この際,しょうがないのでsamba 4.4を入れることにしました。設定はここを参考にさせてもらいました。

下手に設定しない,という方針のもと,バイナリパッケージをインストールします。

pkg install samba44

とやります。勝手にsamba36は消されてしまいます。設定ファイルは特に触ることはないようです。最後に

Massage from samba44-4.4.16:
というメッセージが表示されます。設定ファイルが/usr/local/etc/smb4.confであること,データベース類は/var/db/samba4/であることが書かれています。

まず,rc.confを書き換えます。
# for samba3
###samba_enable=”YES”
# for samba4
samba_server_enable=”YES”
サーバーの名前というか起動スクリプトの名前が変わっているので,samba_server_enableをYESにします。

次に,設定ファイルを移行します。どうも,設定ファイルはsamba3のものがそのまま使えるようです。
cd /usr/local/etc/
cp smb.conf smb4.conf
とやってsamba4用の設定ファイルを作ります。単に,コピーしただけですが。

最後にユーザーデータベースを移行します。これは,ディレクトリが変わっています。samba3では/usr/local/etc/samba/だったのが,samba4では/var/db/samba4/private/になっています。
/var/db/samba4/private/は最初からできているので,samba3のデータベースをコピーすればOKです。
cd /var/db/samba4/private/
cp /usr/local/etc/samba/* .

設定ファイルにエラーがないかどうかの確認は,
testparm
とやればよいようです。Loaded services file OK.とか出ればよいのでしょう。

あとは起動するだけ。
service samba_server start
です。

これでMacOS XやWindows 7のクライアントからふつうにsambaが見えるようになりました。

よかったよかった...。
posted by MOR at 21:41Comment(0)Computer