英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる

施 光恒の「英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる」を読みました。

まったくその通り,としか言う事がありません。言語が文化である,という認識をもたないで英語化するという発想は単なる英語コンプレックスにすぎません。国際化することが英語を話す事である,と勘違いしている愚かな文科省や大学によって日本の文化が破壊されて行く様子をリアルタイムで見ているわけですから,リアルな体験としてこの本に書かれていることを理解する事が出来ます。

今や,日本語のコミュニケーションさえもおぼつかない大学生があふれていて,これは初等教育でまともな日本語教育をしていないから,としか思えないわけですが,そのような連中に英語で講義をして内容を理解しろ,というのは無謀としか言いようがありません。そもそも,日本語で講義してもほとんど理解できなくなっています。

同じ内容をかつては理解できる学生がほとんどだったのに,今ではほとんどの学生が理解できていません。これはどう考えても講義のテクニックや内容の問題ではなく,受け手の問題としか言いようがありません。それなのに,英語で講義をしてどうしようというのでしょうか。

英語を推進したい人たちは,おそらく,普段の会話が非常に貧弱でお買い物をする程度の言語しか使っていないのでしょう。そうであれば,英語であろうが日本語であろうがたんなるツールとして言語を使うだけですから同じ事です。しかも,そのような単純な内容を異なる言語に置き換えることは容易です。

しかし,言語は,思索の根本をなすものですから,言語能力が文化のレベルを規程しますし,文化の態様をも規程します。そもそも何かを考えるためには言語を使うしかないわけで,それが貧弱であれば貧弱な考えしか持ち得ない,という極めて単純な理屈です。これを無視してさぁ,英語を使いましょう,というのは愚の骨頂です。

この本を読んで,英語化する,という行為がいかに愚かなのか,ということを体系的に理解できたのはとてもよかったと思います。漠然と感じていた違和感に理論的背景を与えてくれる内容です。

たまたま職場の書店で手に取って面白そうだったので買って,さらに,イスタンブール出張で飛行機のなかで仕事にならない時間がたくさんあったおかげであっという間に読んでしまいました。最近では久しぶりに私の中ではアタリの本でした。

ぜひ,多くの人に読んでもらいたいと思います。
英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書) -
英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書) -
posted by MOR at 18:00Comment(0)Books

きんぴか

浅田次郎の「きんぴか」を読みました。

浅田次郎のデビュー初期の作品だったと思います。「プリズンホテル」よりも前に出ているので本当に初期の悪漢小説のシリーズです。「プリズンホテル」はよく練られていて馬鹿馬鹿しいけれども芯が通った作品だと思っています。作品の出版順とは逆に,私は先に「プリズンホテル」を読んだのでどうしても比較したくなってしまいます。

「きんぴか」は「プリズンホテル」のような長編というよりは短編の連なりとして構成されていて,ストーリーごとの関連性はあるのですが,長編としてまとまって書かれているというわけでもないような印象を持ちました。「プリズンホテル」と共通するお馬鹿なテイストがあるわけですが,「プリズンホテル」ほどの一貫性というかストーリーの強さに欠けているように思いました。全部を語らず,行間を読ませる,という気分もよくわかるのですが,それがあからさまにわかってしまうためにあざとい感じがつきまといます。個々のお話はおもしろいし,ばかばかしいし,泣かせてくれるのですが,なにか釈然としないものを感じました。

浅田次郎のその後の作品の分厚さというか強さを先に知ってしまったので初期の作品のよく言えば初々しさ,悪く言えば完成度の低さが気になってしまうのかもしれません。

ただ,あまりごちゃごちゃいわなければ面白く読む事ができますから,文句を言うようなものではないと思います。3冊それぞれの解説者のうち2人が「尾形の話がよい」と言っているのにも激しく同意できます。尾形というのは,主人公のヒデさんの元妻の旦那で,風采があがらないどんくさい医者,という設定です。でも,本当はこんな医者がいたらいいのに,と思わせるキャラクターで泣かせます。というか,私は泣きました。ただ,キャラクターとして好きなのは「プリズンホテル」にも出てくる「血まみれのマリア」だったりするミーハーです。

話としての一貫性や話のまとまりにはいろいろ疑問もあるのですが,あんまりごちゃごちゃ言わずに楽しむ話なのだと思います。それよりも,「きんぴか」からはじまる浅田次郎のその後の種々の作品の幅広さを考えるにつけ,彼のストーリーテラーとしての能力に驚かされます。そういう意味でも,原点(が有るとすれば)を知るうえで興味深い作品だと思います。
三人の悪党―きんぴか〈1〉 (光文社文庫) -
三人の悪党―きんぴか〈1〉 (光文社文庫) -
血まみれのマリア―きんぴか〈2〉 (光文社文庫) -
血まみれのマリア―きんぴか〈2〉 (光文社文庫) -
真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫) -
真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫) -
posted by MOR at 01:38Comment(0)Books

ntpサーバーの構築 ふたたび (その4:ソフトウェア 較正準備編)

ようやく,満身創痍って感じでなんとかGarmin GPS 15xLを使って1ppsをntpdに食わせて同期させてstratum 1をまっとうに実現する準備ができました。本当は,ここまでくるのは一瞬で終わっているはずだったのに,なぜかワナにはまりまくって遠回りをしまくっていました。何かがおかしいですが,気にしたら負けですので不幸な過去はなかったことにします。

これまで,私が使ってきた/etc/ntp.confはきわめて単純で,

server 127.127.20.1 mode 0 minpoll 4 maxpoll 4 prefer
fudge 127.127.20.1 flag1 1 flag3 1 time2 0.0 refid GPS

という2行だけでした。

127.127.20.1というのは,20のところがドライバの番号,1のところがデバイスの番号です。この場合は,NMEAドライバ(driver 20)で,/dev/gps1を参照する,という意味です。デバイスファイルは,/etc/devfs.confに

link cuau0 gps1

とだけ書いて,

service devfs start

とやればOKです。これで,/dev/gps1から/dev/cuau0にシンボリックリンクが張られます。いっぱいオプションがありますが,ざっと復習をしておくと以下のとおりです。

mode 0 --> 通信速度 4800bps。mode 16とすると9600bps
minpoll 4 --> ポーリングの最小間隔で2^4 =16秒
maxpoll 4 -->ポーリングの最大間隔で2^4 =16秒
minとmaxを上のように設定の場合は,常に16秒間隔でサーバーへ問い合わせをする。
prefer --> この設定が優先される。
fudge --> 指定したホストまたはドライバを独立したntpサーバーとして宣言する。
flag1 1 --> 1でPPSを使う
flag3 1 --> 1でカーネルのPPS diciplineを使う。
FreeBSDならば,/usr/src/sys/i386/conf/GENERICを適当にコピーしてoptions PPS_SYNCを追加してコンパイルして作ったカーネルが必要。
time1 --> PPSのずれの調整(sec)
time2 --> NMEAコードとのずれの調整(sec)
refid --> ntpq -pでリストを表示したときに表示されるサーバーのID

なんだかわからんけれども,とりあえずntpサーバーになればよい,というのであれば上記の2行だけでOKです。しかし,サーバーごとに絶対時刻が違うと困る,という場合は,これではどうにもなりません。

職場のntpサーバーはどうやらほかのntpdと比較してきっちり1秒ずれています。いったいどのサーバーが正しいのかまったくわかりませんが,こうなったら,ntpdを較正するしかありません。

幸いにも,FreeBSD 10.3Rでntpdを較正する方法を懇切丁寧に紹介している人がおられたので,これを参考にさせてもらいました。というか,これをそのままなぞっただけです。こういうとき,インターネットって便利だと思います。ありがたいことです。

ntpは複数のサーバーを参照して多数決でもっともらしい時刻を見つけようとする仕組みを持っています。これを利用してNMEAドライバやPPSドライバのtime1やtime2の補正値を決めるのが目的です。なるほど,こういうふうにして較正するとは考えもしませんでした。このために,公開ntpサーバーに接続して統計値を収集します。

公開ntpサーバーに接続するために,まずは,ローカルのルーターの123番ポートを開きます。Century SystemsのFuture Net XRシリーズのルーターをここ10年以上使い続けていますが,このシリーズでは,ルーターがntpサーバーになることができます。ところが,ルーターがntpサーバーになっているとなぜか外部のntpサーバーに正しくアクセスできませんでした。何か,間違った使い方をしている可能性がありますが,とりあえず,ルーターのntpサーバーは停止しておくのが平和そうです。

余談ですが,古い機種ではntpdのバージョンも古くて,うっかりフィルタ設定を誤るとntpdのmonitor機能を使ったDDoS攻撃の踏み台にされてしまいます。ルーターの機能はROMに書き込まれているのでntpdのバージョンアップを自分でやるというわけにはいきません。古いルーターではntpdは停止しておくのが平和かつ安全そうです。

公開ntpサーバーは多くの人が接続してくるため,あまり頻繁にポーリングすると迷惑をかけてしまいます。NICTのサーバーは1時間に20回以上のアクセスには事前承認が必要ということですので,maxpollは8以上に設定しなくてはなりません。ほかの公開ntpサーバーについてはよくわかりませんが,maxpollが8より小さくてよい,とは思えませんのでNICTのサーバーと同じ設定として,minpoll 6 maxpoll 8とすることにします。

まずは,公開ntpサーバーへ問い合わせするように設定をします。

#
restrict default ignore
# <-- 誰からも接続させない
restrict 127.0.0.1
# <-- ローカルホストからの接続を許可
restrict 192.168.0.0 mask 255.255.0.0 nomodify notrap
# <-- LANからの接続を許可

server 127.127.1.1 minpoll 4
# <-- ローカルのRTCに同期
fudge 127.127.1.1 stratum 13 refid ALOCAL
# <-- 最悪の事態を考えてのことなのでstratumは悪い数字にしておく

restrict ntp1.lan.jp notrust
server ntp1.lan.jp iburst minpoll 6 maxpoll 6
# <-- ローカルネットワーク内のntpサーバーを参照する。notrustとして信用しない設定。
# 信用しないので結果的には同期には使われない(たぶん)。

restrict ntp1.jst.mfeed.ad.jp noquery nomodify nopeer notrap
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp minpoll 6 maxpoll 8
restrict ntp.nict.jp noquery nomodify nopeer notrap
server ntp.nict.jp minpoll 6 maxpoll 8
restrict s2csntp.miz.nao.ac.jp noquery nomodify nopeer notrap
server s2csntp.miz.nao.ac.jp minpoll 6 maxpoll 8
# <-- 公開ntpサーバーを設定。

disable monitor
logconfig =all
logfile /var/log/ntpd.log
# <-- ログの設定。=allは=の後ろに空白をあけてはいけないらしいが,ホンマか?

statistics loopstats peerstats clockstats
statsdir /var/db/ntp
filegen loopstats file loopstats type day enable
filegen peerstats file peerstats type day enable
filegen clockstats file clockstats type day enable
# <-- 統計値の出力の設定。
# <-- clockstats: 参照している時計の情報
# <-- loopstats: ローカル時計の更新時に出力される時刻情報
# <-- peerstats: 通信相手との統計値の更新時に出力される時刻情報

# serial 4800bps (mode 0)
server 127.127.20.1 mode 0 noselect
fudge 127.127.20.1 refid AGPS
#
# serial DCD
server 127.127.22.1 minpoll 4 noselect
fudge 127.127.22.1 refid APPS

NMEAと1PPSはnoselectとしているので動作はするけれども時刻同期には使われません。これによって,公開サーバーとの時刻のずれの統計量を記録して,そのずれをtime1とかtime2で補正すればよい,というわけです。実際に使うのはpeerstatsがあれば十分そうな感じです。これで1, 2日ほど放置して動作させてログを収集します。
gps15xl_ntpq.JPG
posted by MOR at 18:00Comment(0)Computer